YouTube

素人がYouTubeチャンネル登録者数300人を突破した事により生じた変化と期間

こんにちは。YouTubeのチャンネル登録者が300人を超えたのでどんな変化があったかご紹介します。誰もが収益化基準である登録者1000人にすぐに到達するわけではありません。それでも登録者0人と300人ではチャンネル運営をしていく上で感じたことは全然違います。カメのようなスピードですが少しずつチャンネルが大きくなっているので、顔出し無しのガジェットレビューYouTuberのリアルをお伝えしようと思います。

この記事の対象者

素人顔出しなしのYouTubeチャンネルの成長スピードとチャンネル運営の現実が気になる人

顔出しなしでYouTubeを初めてみたい人

ガジェットYouTuberになろうとしている人

こんにちは、リーです。ツイッターYouTubeやってます。問い合わせはこちらです。

チャンネル状況

運営期間4ヶ月

動画投稿数25本

登録者数320人

ジャンルはガジェットレビュー

コメントが増える

自分が時間をかけて作った動画にコメントをしてくれる視聴者さんが増えるので動画の作り甲斐があります。感謝コメントなんてその最たるものです。登録者がまったくいなかった初期は動画をアップロードしても本っ当に誰も見てくれません。ましてやコメントをしてくれる人なんていません。せっかく動画を作っても見てもらえないとやる気がなくなり更新を辞めてしまいがちですが、反応してもらえるようになったのでその可能性が減ります。

またコメントの数が増えることにより、その動画がYouTube側にも気に入ってもらえるみたいで関連動画に多く載るようになりました。自分の動画は平均3000~4000回くらいの視聴回数ですが、コメントが一番多く付いた動画の視聴回数は30000回以上を記録しています。視聴者に反応してもらえることで生じる変化は、とにかく良いことばかりです。

企業から依頼がくる

なんとチャンネル登録者数300人でも企業から製品レビューの依頼が結構来ます。僕の場合がツイッター経由ですがDMで2週間に1回くらいのペースで依頼が来ます。レビュー依頼された物は具体的にはスマートウォッチ、空気清浄機、掃除機、イヤホン、モバイルバッテリーなど本当に様々です。大物YouTuberでなければ企業から依頼が来るなんて思ってもなかったので最初は本当にびっくりしました。

ただ自分が紹介したい商品が依頼されることはほとんどないので断る場合が多いのが現実です。結局は自分が気になる商品を購入してそれをレビューしています。また誰もが知るような大企業さんからの依頼はまだありません。これからもっとチャンネルを大きくしてそういった有名な企業さんからも声がかかるようになりたいですね。

僅かながら収益が発生

登録者が1000人を達成していなくともそれなりにレビュー動画を見てくれる人がいれば収益が僅かながら発生します。当然に動画には広告が付きません。しかし動画の概要欄に紹介した製品のリンクを貼っておくと、リンク経由で製品を購入されることにより僅かに収益が発生するのです。本当に微々たるものですが、動画作成のやる気が出ます。

また僕の場合はレビュー動画なので当てはまりませんが、自分でサービスを展開している人なら動画内でそれを紹介すれば知ってくれた方が顧客に繋がる可能性は十分にあります。

YouTubeは使い方次第でいろんな可能性を秘めていると思います。

まとめ

ここまで登録者数が少しずつ増えた事による変化を書いてきましたが、いずれについても良い変化ばかりです。登録者数が増えるに伴い動画作成のモチベーションは上がります。なので現在動画投稿を始めたばかりの人で誰にも見てもらえないという状況でも、そのステージを耐えて乗り越えることでいずれ好循環ゾーンに入れるのでめげずに頑張りましょう。

登録者300人は客観的には底辺ユーチューバーですが、実際に自分が当事者になると思っていたほど惨めじゃありませんでした。感謝コメントは嬉しいですし、自分の動画を見てくれた企業さんからのレビュー依頼も大変ありがたいです。皆さんが思っているよりも全然楽しいので、気になる人は思い切って動画投稿を始めてみるのはいかがでしょうか。

今でもチャンネル登録者数が一人でも増えるととても嬉しいです。この感情を忘れずにこれからも動画投稿を楽しんでいこうと思います。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村